パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害というのはそもそもどんな症状


最近、パニック障害という言葉をよく耳にするようになりましたね。
パニック障害というのはそもそもどんな症状なのでしょう。
パニック障害は決して珍しい病気ではありまえん。

100人中2〜3人は発症すると言われています。
昔からあった症状なんですね。パニック障害は新しい病気のように
思ってしまいます。

それまでは不安神経症の発作と呼ばれていました。
その典型的な症状が、突然に起こる動悸や眩暈が繰り返し起きる状態
だったのです。

パニック障害には、大きく分けて、「パニック発作」、「予期不安」、
「広場恐怖」の三つの症状に分けられます。

パニック発作はこの中で特に注意が必要なです。
パニック発作とは、急に強い不安感に襲われます。
それが繰り返し起こる発作なのです。

この発作がパニック障害の引き金となる症状になってしまいます。
また、予期不安とは、あの恐ろしいパニック発作がまた起きるのではないか
という不安感が常にあることを言います。

パニック発作を繰り返すごとに、この不安感はさらに強まっていきます。
それは症状が悪化していく原因となります。最後に、広場恐怖とは、
パニック発作が起きた時にすぐに逃げ出せないような場所を避けることです。

あるいは、以前にパニック発作が起きた場所なので、もう一度その場所へ行くと
発作が起きる気がするため、その場所を避けるようになることを言います。
パニック障害は、未だ心臓や脳、呼吸器などの病気と間違えられやすいようです。

ですから適切な治療がされていないケースが見られます。
パニック障害は早期に発見していたいものです。

さらに専門医の診療を受けることが、パニック障害の治療には一番効果的
なんですね。


パニック障害の原因は、未だはっきりしていない




パニック障害の原因は、未だはっきりしていないようですね。
ストレスやその人の性格、生活環境などがパニック障害の原因として
よく挙げられています。

パニック障害との関連性が今のところ明らかになっていないのが現状です。
けれど、脳内神経伝達物質が最近になって、関係しているのではないかと
言われるようになってきました。

そもそも、人間の脳には、脳内で情報交換したり、脳からの命令を身体に
伝えたりするための無数の神経細胞(ニューロン)があります。

その神経伝達物質の中の「ノルアドレナリン」と「セロトニン」のバランスが乱れ、
何らかの問題が生じたために、パニック発作や予期不安に陥ってしまうのでは
ないかと考えられています。

このような原因は脳の内部にありますね。
いくら発作が起こった際に心臓や呼吸器の検査をしても異常が見つからないのです。

近年では、パニック障害の原因は、「脳内神経伝達物質のバランスの乱れ」
などの生物学的なものであるという考え方が主流でしょう。その他にも、
パニック障害患者の家系は、うつ病やアルコール依存症などの発症率が高いようです。

体質的な問題であったり、普段の食生活の乱れなどがパニック障害を引き起こして
いるという指摘もあります。ごく最近になってパニック障害は、やっと病気として
広く知られるようになってきました。

でも、まだ原因が明確ではないこともあります。
まだまだ、パニック障害は、他の病気と間違えられたり、
周囲に理解してもらえなかったりというケースもあるみたいです。

パニック障害の代表的な症状A


予期不安

また発作が起きるのでは、といつも不安な状態。
また恐ろしいパニック発作が起きるのではないかと発作を予測し悩み心配してしまいます。
今度こそ死んだりあるいは狂ってしまうのではないか、などの不安にとらわれています。

また、自分は重い病気なんではないだろうか。
発作が起きても誰も助けてくれないのではないか。
その場から逃げ出せないのではないか。
恥をかくのではないか。
人に迷惑をかけるのではないか。

等の不安を訴えたりします。

広場恐怖
その《場所》に行くとまた発作が起きそうで怖い状態

「またその場所に行ったら発作が起きるのではないか・・・」
「もしも逃げ場のない場所でパニック発作が起きたら・・・」
などと思う。

そいうことから、
エスカレーター ・公園や大通り ・ 電車やバス ・ 人ごみ
美容室や理容室などの椅子や、スーパーのレジ待ちなど発作が起きても
他人ばかりで助けが得られなかったり、そこからすぐには逃げられなさそうな
場所を恐れ避けようとします。

そのため一人では外出や電車に乗ることができなくなることも多いですね。
恐怖を感じる場所に地近づくだけで心臓がドキドキしたり息苦しくなったり
することもあります。

“二次的うつ”もパニック障害の症状にあげられているようです。



パニック障害エスカレーター式トレーニング