パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

漢方薬の服用もパニック障害には効果があるようですね


パニック障害に対して薬で治療することも行われてきています。
さらに,漢方薬の服用もパニック障害には効果があるようですね。
パニック障害という言葉は,最近になってよく耳にするようになりました。

そのため,現代の病気のように感じているかもしれませんね。
ところが,パニック障害は昔からあった病気の一つなのです。
そのため、漢方ではパニック障害は「奔豚気病」と呼ばれているようです。

漢方での治療の対象にもなっています。
また、漢方におけるパニック障害の原因は、
気・血・水の流れの滞っていることが主な原因とされているようです。

今のところ,はっきりした原因は明確にはなっていません。
パニック障害に処方されている漢方薬には、
次のようなものがあります。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・めまい・吐き気・食欲不振・自律神経の調節作用

・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
効果は、発汗・微熱・悪寒・身体痛・食欲不振・吐き気

・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
効果は、神経過敏

・茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・不安

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
効果は、不安・動悸・不眠・のぼせ・めまい・便秘

漢方薬はその人の体質や症状に合わせて処方されています。
自分で勝手に服用することがないよう、
専門家に相談したいものです。


早期発見・早期治療を行うことによって約8割の患者さんがパニック発作を克服している


パニック障害という言葉も最近、よく聞くようになりました。
誰でも罹る可能性のある病気のようです。
とくにストレスが強いと可能性が高くなるようです。

異常な程の不安感を感じたり、ある日突然、鼓動が早くなり、
息苦しいと感じたりしていませんか?
このような症状が出る場合があります。それは、パニック障害だと言われています。

不安感は誰でも感じる物です。ですから、判断しにくいかと思いますが、
もし、動悸がしたりするようならば、パニック障害を疑った方が良いでしょう。
パニック障害かもしれないと思ったら、まず、あなた自身が信頼し、
安心出来るようないいお医者さんを早く見つけることです。

パニック障害を専門としているのは、心療内科や精神科の他に精神神経科などがあります。
パニック障害は、発症から2〜3ヵ月以内に治療をすると良いと言われています。
早期発見・早期治療を行うことによって約8割の患者さんが
パニック発作を克服しているそうです。

最近では、病院をインターネットで簡単に検索することも出来ますね。
自分の住んでいる地域の口コミなどを見て病院を選択すると良いでしょう。
その際、あまり高齢のお医者さんを選ぶと、
パニック障害自体を知らない方もいらっしゃるそうです。

その点は注意して選んだ方がいいですね。
いきなり病院へ行くのはちょっと抵抗があるならば、
地域の保健センターに一度電話してみるのもいいかもしれません。

積極的に誰かに自分の症状を話すということも、治療への大きな第一歩になるのです。
相談しようかあれこれ悩んでいるよりは、思い切って病院や保健センターに行きましょう。
早い段階で治療されることをおすすめします。

パニック障害と妊娠


パニック障害は、様々に生活していくなかでおおきな影響が出やすい状況ですね。
結婚して妊娠と言うときに、パニック障害がありながら対応できるのでしょうか。
とくに、妊娠時は肉体的にも精神的にも、大変な時期ですね。

そんな時にパニック障害を抱えているというのは、とてもリスクが高いと思います。
やはり、妊娠出産をするのならば、肉体的精神的に健康な時に行うのが一番でしょう。
パニック障害を一度発症してしまうと、治療は長くかかるようです。

その間に、結婚をして妊娠を考える方も多くいらっしゃいます。
その場合、一番の不安要素は薬の服用です。

健康で何の薬の服用もしていない妊婦さんでも、
胎児や新生児に異常が見られるケースが2%程度あります。
もしも、妊娠中に安定剤などの薬を服用してしまうと影響がでてくるでしょうね。

異常が見られたりする危険性などが6〜10%にまで上昇するようです。
妊娠出産はもちろん可能です。
自分にどんな子が生まれてきても全てを受け入れることが出来るでしょうか?

そのようなことを夫婦や家族が理解した上で行う妊娠出産であれば良いでしょう。
それに、無事に健康な子を出産出来たからと言って安心は出来ません。

赤ちゃんに何度もミルクを飲ませたり、おむつを交換したり、
夜泣きなどで睡眠を充分に取ることが出来ず、ストレスが溜まります。
それが原因でパニック障害を悪化させてしまうケースもあるのです。

精神的に不安定な状態が続きますね。最悪の場合、
育児放棄に陥ってしまうことだって考えられます。

パニック障害をお持ちの方が妊娠出産を希望する場合には、
家族でよく相談する必要があります。
家族でパニック障害という病気をよく理解し、出産後の確認をしておくと良いでしょう。



パニック障害エスカレーター式トレーニング