パニック障害の診断方法 - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害かどうかの診断方法


パニック障害かどうかの診断方法はどうすればいいのでしょうか。
単にパニック発作が起こったかどうかということだけではありません。

「広場恐怖」,「予期不安」といった、パニック障害の症状も発症している
かどうかの確認がまず必要です。もし,パニック障害を発症していれば
その症状の経過はどうかという確認も重要とされています。

また、身体の検査も行います。それは,発作の原因が薬や甲状腺機能亢進症、
心臓や呼吸器など身体の異常で起こっていないかどうかを調べるためですね。

例えば、発作が起こった時に激しい胸の痛みを感じたという場合には、
狭心症や心筋梗塞の疑いがないかを検査します。
パニック障害は、以下のような問診を中心におこないます。

一定の基準に従った診断が行われます。

・初めて発作が起こったのはいつか
・最近、身のまわりで、何か大きな変化や事件は起こらなかったか
・どのくらいの時間にわたって発作が続いていたか
・今までに発作を何回くらい経験しているか
・発作のきっかけ、原因として思い当たるものはあるか
・仕事の内容や人間関係など、日常生活でストレスを感じているものがあるか
・発作時にどのような症状があるか
・最近の発作はいつ起こったか
・発作が起こってから今まで、どのような気持ちでいたか


軽い症状のものから重い症状のものまで,パニック障害については
いろいろな症状があります。そのため、実際には広場恐怖を伴う慢性化した
パニック障害があります。

あるいは,広場恐怖を伴っていない軽度のパニック障害の二つに分けられる
場合もあります。


パニック障害エスカレーター式トレーニング