家族・周囲の対応 - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害と妊娠


パニック障害は、様々に生活していくなかでおおきな影響が出やすい状況ですね。
結婚して妊娠と言うときに、パニック障害がありながら対応できるのでしょうか。
とくに、妊娠時は肉体的にも精神的にも、大変な時期ですね。

そんな時にパニック障害を抱えているというのは、とてもリスクが高いと思います。
やはり、妊娠出産をするのならば、肉体的精神的に健康な時に行うのが一番でしょう。
パニック障害を一度発症してしまうと、治療は長くかかるようです。

その間に、結婚をして妊娠を考える方も多くいらっしゃいます。
その場合、一番の不安要素は薬の服用です。

健康で何の薬の服用もしていない妊婦さんでも、
胎児や新生児に異常が見られるケースが2%程度あります。
もしも、妊娠中に安定剤などの薬を服用してしまうと影響がでてくるでしょうね。

異常が見られたりする危険性などが6〜10%にまで上昇するようです。
妊娠出産はもちろん可能です。
自分にどんな子が生まれてきても全てを受け入れることが出来るでしょうか?

そのようなことを夫婦や家族が理解した上で行う妊娠出産であれば良いでしょう。
それに、無事に健康な子を出産出来たからと言って安心は出来ません。

赤ちゃんに何度もミルクを飲ませたり、おむつを交換したり、
夜泣きなどで睡眠を充分に取ることが出来ず、ストレスが溜まります。
それが原因でパニック障害を悪化させてしまうケースもあるのです。

精神的に不安定な状態が続きますね。最悪の場合、
育児放棄に陥ってしまうことだって考えられます。

パニック障害をお持ちの方が妊娠出産を希望する場合には、
家族でよく相談する必要があります。
家族でパニック障害という病気をよく理解し、出産後の確認をしておくと良いでしょう。

パニック障害における家族・周囲の対応


最後に家族や周囲の対応について説明しますね。
家族や周囲の人はどう接すればいいのか?

【病気を理解する】

周囲の人も病気について理解してあげることが必要です。
まず、身体に異常がなくとも激しい症状が起きる病気があるということを
認識しましょう。

また仮病や気の持ちようで治るものではなく、治るまで時間がかかることも
あることを理解しましょう。

【発作が起きてもあわてず騒がず】

周囲が騒ぐと本人の不安が増します。楽な体勢にさせてやさしく声をかけたり
身体を摩ったりして落ち着かせ、「すぐに治まる」と安心させます。

【外出や通院の同行や食生活のサポート】

広場恐怖があると一人で電車に乗ったり街中を歩くことが困難な場合があります。
通院や暴露療法などの治療で必要な際には同行してあげましょう。
また、正しい食生活など日常的なサポートも。

【うつ病の併発もあると知っておく】

パニック障害はうつ病を併発することがあり、またパニック障害が治ってきた頃に
発症することもあります。
適切な対応ができるよう早く気づいてあげることです。

家族や周囲の人たちの力も必要なんですね。
まだまだ治療法はあると思いますが、これらの事に気を付けながら接するのが
一番だと思います。


パニック障害エスカレーター式トレーニング