パニック障害 治療 - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害の治療法に薬を用いる


パニック障害の治療法に薬を用いることは、
現在では明確な有効性が確認されています。
パニック障害で処方されている薬は,個人の病状によっても様々ですね。

その中でも一般的にパニック障害に用いられている薬を挙げてみますね。

○パニック発作を抑える目的で処方されている薬

有名なSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
この薬は抗うつ薬の一種です。

パニック障害や社会不安障害などに効果がある
副作用の少ない薬だといいます。
また、心臓や循環器系への影響も少ないそうです。

誤って多量に服用したとしても致命的な事故には
至らないメリットがありますね。
その反面、効果が現れるまでに少なくとも2週間〜1ヶ月かかります。

人によっては2、3ヶ月もの長い時間が掛かる場合があるようです。
その他に処方される薬としては、「メイラックス」があります。
これは作用時間が長く1日2回の服用でも十分な効果があるでしょう。

「レキソタン」という薬には強力な抗不安作用がありますね。
これは恐怖症や強迫性障害にも有効であるようです。
「デパス」はベンゾジアゼピン系抗不安薬の一種です。

これは即効性があるためにパニック発作が起こったり、
広場恐怖を感じたりした時点で服用すると効果的です。

パニック障害のために薬を服用する目的は,
単に発作を抑えるだけではなく、
不安症状を改善することがあります。

そのためにも、薬の長期間の服用が必要となってきますね。
医師の適切な指導の下、
服用を勝手に中断することのないようにしたいものです。
>>詳細はこちらをクリック

パニック障害かもしれないと思ったら、どうすればいいのでしょうか


最近、パニック障害という言葉もよく聞きますね。
誰でも発症する可能性があるようです。
とくにストレスが強いと危険です。

あなたは,異常な程の不安感を感じたりしませんか。
あるいは,ある日突然、鼓動が早くなり、
息苦しいと感じたりしていませんか?

このような症状が出る場合があります。
それは、パニック障害だと言われています。
不安感は誰でも感じています。

ですから、判断しにくいかと思いますね。
パニック障害の目安は,動悸がしたりするようならば、
疑って見ても良いでしょう。

パニック障害かもしれないと思ったら、
どうすればいいのでしょうか。

まず,あなた自身が信頼し、
安心出来るような医者さんを早く見つけけましょう。

心療内科や精神科の他に精神神経科などがパニック障害を専門としています。
パニック障害は、早期治療が功をそうします。
発症から2〜3ヵ月以内に治療をすると良いようです。

約8割の患者さんが早期発見・早期治療を行うことによって,
パニック発作を克服しているそうです。
最近では、インターネットで簡単に病院を検索することも出来ます。

病院を選択する方法として,
自分の住んでいる地域の口コミなどを見ると良いと思います。
その際、あまり高齢のお医者さんを選ぶのをさけたいものです。

パニック障害自体を知らない方もいらっしゃるそうですから。
いきなり病院へ行くのはちょっと抵抗がありますね。
その時は、地域の保健センターに一度電話してみましょう。

積極的に誰かに自分の症状を話すということも、大切です。
それが治療への大きなきっかけなるのです。
相談しようかあれこれ悩んでいるのもいけません。

思い切って病院や保健センターに行きましょう。
早い段階で治療が良いとおもいます。


パニック障害を克服するための効果的な薬物治療法

パニック障害を克服するための、現在最も効果的な方法の一つは薬物治療法です。
これは抗うつ薬によりパニック発作を抑える方法です。
他に、精神療法もパニック障害の有効な治療法と考えられています。

精神療法で有名なものには「認知行動療法」と「自立訓練法」の二種類があります。
認知行動療法は予期不安や広場恐怖の原因である場所や状況に慣れさせること、
万が一発作が起こっても大丈夫だと認識させる治療法です。

例として、電車に乗ることが恐い時には誰かに付き添ってもらい、
一駅だけ乗ってみる。それに慣れたら二駅乗ってみるといった感じで少しずつ
訓練するという方法があります。

ですが認知行動療法は間違えてしまうと症状を悪化させてしまうという
可能性もあるため、専門医の指示通りに、無理なく慎重に行わなければなりません。
自立訓練法は、いかなる状況でも心身をリラックスできる方法を見に付ける治療法です。

睡眠不足などの乱れた生活習慣や精神的なストレスがあると心身ともにリラックス
することはとても難しくなりますから、まずは生活習慣を改善することが大切です。

薬物療法を行い、同時に心理的治療も行うことが、パニック障害を乗り越える近道
だと言えるでしょう。
 


パニック障害エスカレーター式トレーニング