パニック障害の症状 - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害というのはそもそもどんな症状


最近、パニック障害という言葉をよく耳にするようになりましたね。
パニック障害というのはそもそもどんな症状なのでしょう。
パニック障害は決して珍しい病気ではありまえん。

100人中2〜3人は発症すると言われています。
昔からあった症状なんですね。パニック障害は新しい病気のように
思ってしまいます。

それまでは不安神経症の発作と呼ばれていました。
その典型的な症状が、突然に起こる動悸や眩暈が繰り返し起きる状態
だったのです。

パニック障害には、大きく分けて、「パニック発作」、「予期不安」、
「広場恐怖」の三つの症状に分けられます。

パニック発作はこの中で特に注意が必要なです。
パニック発作とは、急に強い不安感に襲われます。
それが繰り返し起こる発作なのです。

この発作がパニック障害の引き金となる症状になってしまいます。
また、予期不安とは、あの恐ろしいパニック発作がまた起きるのではないか
という不安感が常にあることを言います。

パニック発作を繰り返すごとに、この不安感はさらに強まっていきます。
それは症状が悪化していく原因となります。最後に、広場恐怖とは、
パニック発作が起きた時にすぐに逃げ出せないような場所を避けることです。

あるいは、以前にパニック発作が起きた場所なので、もう一度その場所へ行くと
発作が起きる気がするため、その場所を避けるようになることを言います。
パニック障害は、未だ心臓や脳、呼吸器などの病気と間違えられやすいようです。

ですから適切な治療がされていないケースが見られます。
パニック障害は早期に発見していたいものです。

さらに専門医の診療を受けることが、パニック障害の治療には一番効果的
なんですね。


パニック障害の代表的な症状A


予期不安

また発作が起きるのでは、といつも不安な状態。
また恐ろしいパニック発作が起きるのではないかと発作を予測し悩み心配してしまいます。
今度こそ死んだりあるいは狂ってしまうのではないか、などの不安にとらわれています。

また、自分は重い病気なんではないだろうか。
発作が起きても誰も助けてくれないのではないか。
その場から逃げ出せないのではないか。
恥をかくのではないか。
人に迷惑をかけるのではないか。

等の不安を訴えたりします。

広場恐怖
その《場所》に行くとまた発作が起きそうで怖い状態

「またその場所に行ったら発作が起きるのではないか・・・」
「もしも逃げ場のない場所でパニック発作が起きたら・・・」
などと思う。

そいうことから、
エスカレーター ・公園や大通り ・ 電車やバス ・ 人ごみ
美容室や理容室などの椅子や、スーパーのレジ待ちなど発作が起きても
他人ばかりで助けが得られなかったり、そこからすぐには逃げられなさそうな
場所を恐れ避けようとします。

そのため一人では外出や電車に乗ることができなくなることも多いですね。
恐怖を感じる場所に地近づくだけで心臓がドキドキしたり息苦しくなったり
することもあります。

“二次的うつ”もパニック障害の症状にあげられているようです。

パニック障害の代表的な症状@


パニック発作・・・突然激しい発作に襲われる

突然何の理由もなく激しい不安とともに胸が
しめつけられる ・ドキドキする・ 息ができないなど、主に心臓の
中心とした自律神経障害が複数重なって起こります。

症状は10分以内にピークに達し、数分から一時間以内におさまることが
ほとんどです。

「死ぬのではないか・・・」と恐怖し、救急車で病院に運ばれても、
その頃には症状は治まっています。ですから検査をしても身体はどこも
悪くないので異常はみつかりません。

パニック発作は、他とはっきり区別される強烈な恐怖感や不快感であります。
13症状のうち4つまたはそれ以上が突然に発現してきます。
10分以内にその頂点に達することで診断されます。

1,発汗
2,冷感または熱感
3,身震い ・ またはふるえ
4,息切れ感 ・ または息苦しさ
5,動悸 ・ 心悸亢進 ・ または心拍数の増加
6,胸痛 ・ または胸部不快感
7,嘔気 ・ または腹部の不快感
8,頭が軽くなる感じ ・めまい感 ・ ふらつく感じ ・ または気が遠くなる感じ
9,現実感消失(現実でない感じ) ・ または離人症状(自分自身から離れている)
10,コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
11,死ぬことに対する恐怖
12,異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
13,窒息感




パニック障害エスカレーター式トレーニング