パニック障害 - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

子供にもパニック障害が起きる可能性


パニック障害は,20〜30代の男女によく見られると言われていますね。
子供にもパニック障害が起きる可能性は充分あるのです。

症状は大人と全く同じようですね。
突然、呼吸困難に陥ったり、動悸が激しくなったりするようです。
めまいや吐き気などの症状があらわれてきます。

神経伝達物質の異常分泌や過剰なストレスを受けたりすると、
パニック障害が起こります。

どのようなときにパニック障害が起こるのでしょうか?

○学校などの集団生活において、
孤独感や寂しさを感じてしまった時

○大事に育てていたペットが亡くなった時

○自分の身近な人が亡くなった時

等にパニック発作が起こるケースが多いようです。

上記のような原因だけではありません。

○家族関係がパニック障害の大きな要因

となることもあります。
○勉強を頑張ったのに両親に褒めてもらえなかった

自分のことをちゃんと認めて欲しいという気持ちから
パニック障害を引き起こしてしまうこともあるといいます。
このような症状が見られたら、お医者さんに相談しましょう。

学校に行きたがらない子供を親が何もわからず、無理矢理通学させて、
症状を悪化させてしまうケースも多いようです。


お医者さんと相談しながら、学校を休むなりの対応をしながら
治療方法を考えていくと良いと思います。

原因が学校などにある場合でも、
家族が一緒になって考えてあげましょう。

学校と家族が協力して問題を解決していくことこそ大事です。
それが,子供のパニック障害を治療するための最良の方法だと思います。
>>パニック障害エスカレーター式トレーニング


早期発見・早期治療を行うことによって約8割の患者さんがパニック発作を克服している


パニック障害という言葉も最近、よく聞くようになりました。
誰でも罹る可能性のある病気のようです。
とくにストレスが強いと可能性が高くなるようです。

異常な程の不安感を感じたり、ある日突然、鼓動が早くなり、
息苦しいと感じたりしていませんか?
このような症状が出る場合があります。それは、パニック障害だと言われています。

不安感は誰でも感じる物です。ですから、判断しにくいかと思いますが、
もし、動悸がしたりするようならば、パニック障害を疑った方が良いでしょう。
パニック障害かもしれないと思ったら、まず、あなた自身が信頼し、
安心出来るようないいお医者さんを早く見つけることです。

パニック障害を専門としているのは、心療内科や精神科の他に精神神経科などがあります。
パニック障害は、発症から2〜3ヵ月以内に治療をすると良いと言われています。
早期発見・早期治療を行うことによって約8割の患者さんが
パニック発作を克服しているそうです。

最近では、病院をインターネットで簡単に検索することも出来ますね。
自分の住んでいる地域の口コミなどを見て病院を選択すると良いでしょう。
その際、あまり高齢のお医者さんを選ぶと、
パニック障害自体を知らない方もいらっしゃるそうです。

その点は注意して選んだ方がいいですね。
いきなり病院へ行くのはちょっと抵抗があるならば、
地域の保健センターに一度電話してみるのもいいかもしれません。

積極的に誰かに自分の症状を話すということも、治療への大きな第一歩になるのです。
相談しようかあれこれ悩んでいるよりは、思い切って病院や保健センターに行きましょう。
早い段階で治療されることをおすすめします。

パニック障害は就職に不利なんでしょうか


パニック障害など、精神的な病気に対して、昨今では理解も深まってきましたね。
ただ十分ではなく、偏見を持たれることが多いと思われます。

ですから就職活動において、自身がパニック障害を持っている場合には、
わざわざそれを言う必要はないでしょう。
企業側は採用するにあたって健康診断書を提出させたりします。

身体的に問題はなくとも、パニック障害を知らない人にこの病気を理解してもらうのは
大変に困難です。それに、パニック障害の症状が重い場合には、就職活動を先延ばしに
するのが良いでしょう。

仮に希望した企業に就職できたとします。多くの人は毎日電車で通勤しなければ
なりませんが、電車でたくさんの人の中、急にパニック発作を起こして途中で
降りなければならなかったなんてことがあると、ますます電車に対して恐怖心を
抱くことになります。

または、仕事中に過呼吸を起こし、社内の人に迷惑をかけてしまうという可能性も
十分に考えられます。このような状況が繰り返されると、迷惑をかけたくなんて
ないのにと、申し訳なくて仕方なくなります。

余計に精神状態を不安定にさせ、症状を悪化させてしまうことも起こるでしょう。 
就職したいという気持ちはわかります。しかし、まずは症状を改善することに
専念すべきなのです。症状が改善してきたその時に就職を考えてみてください。

そうすれば仕事場で十分に自分の力を発揮させることができるでしょう。


パニック障害エスカレーター式トレーニング