漢方薬の服用もパニック障害には効果があるようですね - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

漢方薬の服用もパニック障害には効果があるようですね


パニック障害に対して薬で治療することも行われてきています。
さらに,漢方薬の服用もパニック障害には効果があるようですね。
パニック障害という言葉は,最近になってよく耳にするようになりました。

そのため,現代の病気のように感じているかもしれませんね。
ところが,パニック障害は昔からあった病気の一つなのです。
そのため、漢方ではパニック障害は「奔豚気病」と呼ばれているようです。

漢方での治療の対象にもなっています。
また、漢方におけるパニック障害の原因は、
気・血・水の流れの滞っていることが主な原因とされているようです。

今のところ,はっきりした原因は明確にはなっていません。
パニック障害に処方されている漢方薬には、
次のようなものがあります。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・めまい・吐き気・食欲不振・自律神経の調節作用

・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
効果は、発汗・微熱・悪寒・身体痛・食欲不振・吐き気

・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
効果は、神経過敏

・茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・不安

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
効果は、不安・動悸・不眠・のぼせ・めまい・便秘

漢方薬はその人の体質や症状に合わせて処方されています。
自分で勝手に服用することがないよう、
専門家に相談したいものです。


ここは記事下のフリースペースです


パニック障害エスカレーター式トレーニング