パニック障害による過喚起症候群とは - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害による過喚起症候群とは

精神的に不安がつのり、突然呼吸が深く速くなることを過喚起症候群と言います。
これにより血中の二酸化炭素が少なくなりますね。
アルカリ性の血液になってしまうことによって、手足が痺れたり痙攣を起こして
しまったりします。

ほとんどが若い女性に起こる症状です。
多くは普段の生活において、他者よりも心理的にストレスを感じてしまう人が
発症します。

パニック障害を持っている人によく見られる症状とされてしますね。
不安やストレスを感じる以外に、緊張のし過ぎ、または強い怒りの感情を
持った時にも発症してしまいます。

ただ、突然発作が起こってしまっても応急処置を簡単に行え、
症状を抑えることができます。たった一回でも発作が起こってしまったという方は、
小さい紙袋か、ビニール袋を常時持ち歩くようにしてください。

発作が起こった時にはそれらを口に当て、息を吐き、再びそれを吸い込みます。
この反復呼吸を繰り返せば、血中の二酸化炭素の濃度がどんどん上昇します。
ほとんどの場合、これによって過喚起症候群の症状は治まるでしょう。

また、目の前の人が急に発作を起こしても、周囲の人は冷静に対応しなければ
なりません。ここで周りの人が慌ててしまうと、発作を起こしている人が更に
不安になり、症状を悪化させてしまう可能性があるからです。
 
女性の間で集団的に、過喚起症候群の発作を起こすこともあります。
何度も発作が起こるようなら、安定剤を服用したり、十分な休息をとって、
過喚起症候群の原因である精神的な不安、そして肉体的な疲労を取り除く必要があります

 
ここは記事下のフリースペースです


パニック障害エスカレーター式トレーニング