パニック障害は就職に不利なんでしょうか - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害は就職に不利なんでしょうか


パニック障害など、精神的な病気に対して、昨今では理解も深まってきましたね。
ただ十分ではなく、偏見を持たれることが多いと思われます。

ですから就職活動において、自身がパニック障害を持っている場合には、
わざわざそれを言う必要はないでしょう。
企業側は採用するにあたって健康診断書を提出させたりします。

身体的に問題はなくとも、パニック障害を知らない人にこの病気を理解してもらうのは
大変に困難です。それに、パニック障害の症状が重い場合には、就職活動を先延ばしに
するのが良いでしょう。

仮に希望した企業に就職できたとします。多くの人は毎日電車で通勤しなければ
なりませんが、電車でたくさんの人の中、急にパニック発作を起こして途中で
降りなければならなかったなんてことがあると、ますます電車に対して恐怖心を
抱くことになります。

または、仕事中に過呼吸を起こし、社内の人に迷惑をかけてしまうという可能性も
十分に考えられます。このような状況が繰り返されると、迷惑をかけたくなんて
ないのにと、申し訳なくて仕方なくなります。

余計に精神状態を不安定にさせ、症状を悪化させてしまうことも起こるでしょう。 
就職したいという気持ちはわかります。しかし、まずは症状を改善することに
専念すべきなのです。症状が改善してきたその時に就職を考えてみてください。

そうすれば仕事場で十分に自分の力を発揮させることができるでしょう。
ここは記事下のフリースペースです


パニック障害エスカレーター式トレーニング