パニック障害というのはそもそもどんな症状 - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害というのはそもそもどんな症状


最近、パニック障害という言葉をよく耳にするようになりましたね。
パニック障害というのはそもそもどんな症状なのでしょう。
パニック障害は決して珍しい病気ではありまえん。

100人中2〜3人は発症すると言われています。
昔からあった症状なんですね。パニック障害は新しい病気のように
思ってしまいます。

それまでは不安神経症の発作と呼ばれていました。
その典型的な症状が、突然に起こる動悸や眩暈が繰り返し起きる状態
だったのです。

パニック障害には、大きく分けて、「パニック発作」、「予期不安」、
「広場恐怖」の三つの症状に分けられます。

パニック発作はこの中で特に注意が必要なです。
パニック発作とは、急に強い不安感に襲われます。
それが繰り返し起こる発作なのです。

この発作がパニック障害の引き金となる症状になってしまいます。
また、予期不安とは、あの恐ろしいパニック発作がまた起きるのではないか
という不安感が常にあることを言います。

パニック発作を繰り返すごとに、この不安感はさらに強まっていきます。
それは症状が悪化していく原因となります。最後に、広場恐怖とは、
パニック発作が起きた時にすぐに逃げ出せないような場所を避けることです。

あるいは、以前にパニック発作が起きた場所なので、もう一度その場所へ行くと
発作が起きる気がするため、その場所を避けるようになることを言います。
パニック障害は、未だ心臓や脳、呼吸器などの病気と間違えられやすいようです。

ですから適切な治療がされていないケースが見られます。
パニック障害は早期に発見していたいものです。

さらに専門医の診療を受けることが、パニック障害の治療には一番効果的
なんですね。


ここは記事下のフリースペースです


パニック障害エスカレーター式トレーニング