パニック障害の代表的な症状A - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害の代表的な症状A


予期不安

また発作が起きるのでは、といつも不安な状態。
また恐ろしいパニック発作が起きるのではないかと発作を予測し悩み心配してしまいます。
今度こそ死んだりあるいは狂ってしまうのではないか、などの不安にとらわれています。

また、自分は重い病気なんではないだろうか。
発作が起きても誰も助けてくれないのではないか。
その場から逃げ出せないのではないか。
恥をかくのではないか。
人に迷惑をかけるのではないか。

等の不安を訴えたりします。

広場恐怖
その《場所》に行くとまた発作が起きそうで怖い状態

「またその場所に行ったら発作が起きるのではないか・・・」
「もしも逃げ場のない場所でパニック発作が起きたら・・・」
などと思う。

そいうことから、
エスカレーター ・公園や大通り ・ 電車やバス ・ 人ごみ
美容室や理容室などの椅子や、スーパーのレジ待ちなど発作が起きても
他人ばかりで助けが得られなかったり、そこからすぐには逃げられなさそうな
場所を恐れ避けようとします。

そのため一人では外出や電車に乗ることができなくなることも多いですね。
恐怖を感じる場所に地近づくだけで心臓がドキドキしたり息苦しくなったり
することもあります。

“二次的うつ”もパニック障害の症状にあげられているようです。

ここは記事下のフリースペースです


パニック障害エスカレーター式トレーニング