パニック障害の代表的な症状@ - パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害の代表的な症状@


パニック発作・・・突然激しい発作に襲われる

突然何の理由もなく激しい不安とともに胸が
しめつけられる ・ドキドキする・ 息ができないなど、主に心臓の
中心とした自律神経障害が複数重なって起こります。

症状は10分以内にピークに達し、数分から一時間以内におさまることが
ほとんどです。

「死ぬのではないか・・・」と恐怖し、救急車で病院に運ばれても、
その頃には症状は治まっています。ですから検査をしても身体はどこも
悪くないので異常はみつかりません。

パニック発作は、他とはっきり区別される強烈な恐怖感や不快感であります。
13症状のうち4つまたはそれ以上が突然に発現してきます。
10分以内にその頂点に達することで診断されます。

1,発汗
2,冷感または熱感
3,身震い ・ またはふるえ
4,息切れ感 ・ または息苦しさ
5,動悸 ・ 心悸亢進 ・ または心拍数の増加
6,胸痛 ・ または胸部不快感
7,嘔気 ・ または腹部の不快感
8,頭が軽くなる感じ ・めまい感 ・ ふらつく感じ ・ または気が遠くなる感じ
9,現実感消失(現実でない感じ) ・ または離人症状(自分自身から離れている)
10,コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
11,死ぬことに対する恐怖
12,異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
13,窒息感


ここは記事下のフリースペースです


パニック障害エスカレーター式トレーニング