パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害の治療法に薬を用いる


パニック障害の治療法に薬を用いることは、
現在では明確な有効性が確認されています。
パニック障害で処方されている薬は,個人の病状によっても様々ですね。

その中でも一般的にパニック障害に用いられている薬を挙げてみますね。

○パニック発作を抑える目的で処方されている薬

有名なSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
この薬は抗うつ薬の一種です。

パニック障害や社会不安障害などに効果がある
副作用の少ない薬だといいます。
また、心臓や循環器系への影響も少ないそうです。

誤って多量に服用したとしても致命的な事故には
至らないメリットがありますね。
その反面、効果が現れるまでに少なくとも2週間〜1ヶ月かかります。

人によっては2、3ヶ月もの長い時間が掛かる場合があるようです。
その他に処方される薬としては、「メイラックス」があります。
これは作用時間が長く1日2回の服用でも十分な効果があるでしょう。

「レキソタン」という薬には強力な抗不安作用がありますね。
これは恐怖症や強迫性障害にも有効であるようです。
「デパス」はベンゾジアゼピン系抗不安薬の一種です。

これは即効性があるためにパニック発作が起こったり、
広場恐怖を感じたりした時点で服用すると効果的です。

パニック障害のために薬を服用する目的は,
単に発作を抑えるだけではなく、
不安症状を改善することがあります。

そのためにも、薬の長期間の服用が必要となってきますね。
医師の適切な指導の下、
服用を勝手に中断することのないようにしたいものです。
>>詳細はこちらをクリック

子供にもパニック障害が起きる可能性


パニック障害は,20〜30代の男女によく見られると言われていますね。
子供にもパニック障害が起きる可能性は充分あるのです。

症状は大人と全く同じようですね。
突然、呼吸困難に陥ったり、動悸が激しくなったりするようです。
めまいや吐き気などの症状があらわれてきます。

神経伝達物質の異常分泌や過剰なストレスを受けたりすると、
パニック障害が起こります。

どのようなときにパニック障害が起こるのでしょうか?

○学校などの集団生活において、
孤独感や寂しさを感じてしまった時

○大事に育てていたペットが亡くなった時

○自分の身近な人が亡くなった時

等にパニック発作が起こるケースが多いようです。

上記のような原因だけではありません。

○家族関係がパニック障害の大きな要因

となることもあります。
○勉強を頑張ったのに両親に褒めてもらえなかった

自分のことをちゃんと認めて欲しいという気持ちから
パニック障害を引き起こしてしまうこともあるといいます。
このような症状が見られたら、お医者さんに相談しましょう。

学校に行きたがらない子供を親が何もわからず、無理矢理通学させて、
症状を悪化させてしまうケースも多いようです。


お医者さんと相談しながら、学校を休むなりの対応をしながら
治療方法を考えていくと良いと思います。

原因が学校などにある場合でも、
家族が一緒になって考えてあげましょう。

学校と家族が協力して問題を解決していくことこそ大事です。
それが,子供のパニック障害を治療するための最良の方法だと思います。
>>パニック障害エスカレーター式トレーニング




パニック障害エスカレーター式トレーニング