パニック障害 症状の改善方法



パニック障害エスカレーター式トレーニング

パニック障害かもしれないと思ったら、どうすればいいのでしょうか


最近、パニック障害という言葉もよく聞きますね。
誰でも発症する可能性があるようです。
とくにストレスが強いと危険です。

あなたは,異常な程の不安感を感じたりしませんか。
あるいは,ある日突然、鼓動が早くなり、
息苦しいと感じたりしていませんか?

このような症状が出る場合があります。
それは、パニック障害だと言われています。
不安感は誰でも感じています。

ですから、判断しにくいかと思いますね。
パニック障害の目安は,動悸がしたりするようならば、
疑って見ても良いでしょう。

パニック障害かもしれないと思ったら、
どうすればいいのでしょうか。

まず,あなた自身が信頼し、
安心出来るような医者さんを早く見つけけましょう。

心療内科や精神科の他に精神神経科などがパニック障害を専門としています。
パニック障害は、早期治療が功をそうします。
発症から2〜3ヵ月以内に治療をすると良いようです。

約8割の患者さんが早期発見・早期治療を行うことによって,
パニック発作を克服しているそうです。
最近では、インターネットで簡単に病院を検索することも出来ます。

病院を選択する方法として,
自分の住んでいる地域の口コミなどを見ると良いと思います。
その際、あまり高齢のお医者さんを選ぶのをさけたいものです。

パニック障害自体を知らない方もいらっしゃるそうですから。
いきなり病院へ行くのはちょっと抵抗がありますね。
その時は、地域の保健センターに一度電話してみましょう。

積極的に誰かに自分の症状を話すということも、大切です。
それが治療への大きなきっかけなるのです。
相談しようかあれこれ悩んでいるのもいけません。

思い切って病院や保健センターに行きましょう。
早い段階で治療が良いとおもいます。


漢方薬の服用もパニック障害には効果があるようですね


パニック障害に対して薬で治療することも行われてきています。
さらに,漢方薬の服用もパニック障害には効果があるようですね。
パニック障害という言葉は,最近になってよく耳にするようになりました。

そのため,現代の病気のように感じているかもしれませんね。
ところが,パニック障害は昔からあった病気の一つなのです。
そのため、漢方ではパニック障害は「奔豚気病」と呼ばれているようです。

漢方での治療の対象にもなっています。
また、漢方におけるパニック障害の原因は、
気・血・水の流れの滞っていることが主な原因とされているようです。

今のところ,はっきりした原因は明確にはなっていません。
パニック障害に処方されている漢方薬には、
次のようなものがあります。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・めまい・吐き気・食欲不振・自律神経の調節作用

・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
効果は、発汗・微熱・悪寒・身体痛・食欲不振・吐き気

・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
効果は、神経過敏

・茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・不安

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
効果は、不安・動悸・不眠・のぼせ・めまい・便秘

漢方薬はその人の体質や症状に合わせて処方されています。
自分で勝手に服用することがないよう、
専門家に相談したいものです。




パニック障害エスカレーター式トレーニング